語学を学ぶためのフィリピン留学

Web Template

語学の勉強の選択肢としてフィリピン留学を選ぶ人が近年増加傾向にあります。
語学の勉強であればアメリカやヨーロッパ、ニュージーランドなどが留学先として考えられますが、フィリピン留学を選ぶのは理由があるのです。


その理由は大きく分けて3つあります。

ひとつが日本からの距離で、たとえば成田空港からフィリピンのセブ島まで直行便で約5時間です。



この時間は欧米などに行くときにかかる時間よりも圧倒的に短いため、当然運賃は安くなります。

より安く短い時間で往復できるのは留学生にはありがたいものです。


次の理由は、物価が安いことです。

フィリピンは発展途上国のため、日本を始めとする先進国よりもかなり物価が安くなっています。



そのため、語学学校の入学金や滞在費用が欧米などに留学するよりも圧倒的に安いのです。
また、語学学校の経営側にとっても、人件費が欧米よりも安いために優秀な指導者をたくさん雇うことができるので、学校によっては生徒と指導者がマンツーマンで授業を進行するところもあります。

3つめの理由が、フィリピンでは日常的に英語が使われているということです。

フィリピンの母国語はタガログ語ですが第2言語が英語であり、日常生活の多くや街の案内板は英語が使われています。

フィリピン人の多くが基本的な英語を理解しているため、指導者として優秀な能力を持つ人もいるのです。



このように、フィリピン留学は良い環境ですが、日本人に向いていない学校や、観光旅行のような感覚で集客している学校もありますので学校選びは重要です。